top

様々な楽しみ方が出来るマレーシア旅行


画像参照:Haifeez

自然を堪能するアクティビティやショッピング、美味しい料理など、様々な楽しみ方が出来るのが、マレーシアの魅力です。マレーシアの首都はクアラルンプールで、日本との時差は1時間です。日本が午後12時の場合、現地は午前11時ということになります。イスラム教や仏教、ヒンドゥー教、キリスト教など、様々な宗教が混在しています。
気候としては、乾季と雨季に分かれてはいますが、それほど差はなく、一年を通して常夏気分を味わうことが出来ます。雨季には、スコールと呼ばれる強い雨が降りますが、数分から数時間で止み、一日中雨が降り続けるということはありません。
なお、雨が降った後は気温が下がり、寒く感じることがありますので、上着などを持つようにしましょう。乾季は雨季に比べると湿度が低いため、同じ気温でも過ごしやすく感じます。ただし、一日の気温差が非常に大きく、昼間は暖かく感じても、夜は冷え込むことがありますので、注意が必要です。

旅行に最適な時期としては、季節がはっきりと分かれているわけではないので、一年中ベストシーズンであると言えますが、旬のフルーツを楽しみたいというのであれば、乾季に訪れることをオススメします。
また、買い物を楽しみたいという場合には、1年に3回行われるセールの時期を狙って訪れてもよいでしょう。
現地の買い物などに欠かすことが出来ないのが、現地の通過です。マレーシアの通貨はリンギットという単位でMYRやRMで記載されています。出発前に日本円からの両替レートを確認するとどのくらいの資金の予算が必要か計画することができます。日本でも両替することは出来ますが、現地で両替したほうがレートは良くなります。都市部や観光地であれば、日本円を両替することも出来ますが、小さな町を訪れるという場合には、アメリカドルを持っていったほうが良いでしょう。

240ボルトまで対応している電化製品であれば、変圧器を使用しなくても電化製品を使用することが出来ます。ただし、プラグの形は日本とは異なりますので、あらかじめ変換プラグを用意しておくと良いでしょう。変換プラグを購入する際には、様々なプラグに変換することが出来るタイプがオススメです。一つあれば、様々なプラグに対応することが出来ますので、旅行の際の荷物を減らすことにもつながります。
90日以内の滞在で、観光が目的であるという場合には、ビザを取得する必要はありません。ただし、入国する際には、パスポートの残存有効期間が6ヶ月であること、出国時の航空券などを所有していることが求められます。

お役立ち情報検索

ハワイ ホテル | シンガポール ホテル |日経平均株価